ご当地♪

これ。

1箱だから、
わたし、ひとりで食べるつもりなんですが、
2.jpg

よく見ると、
1.5人前、だそうです。1箱が1.5人前、とは。

カレーを愛する人間(←あたし、のことですが)の心理を、
よくご存じな方がお作りになった、とお見受け致します。(;_;)




名物らしい↓↓  むちゃ、うれしいぃ~
1.jpg



『バスセンター』って、
な~んて、狭地なポイントなんでしょ。


ここまで、エリアを絞ってるご当地モノに、

新潟魂 を 感じますっ!!     m(u_u)m


そして、
箱の裏には、地図も、 もちろん、アリ鱒^^;

3.jpg


わたしは、
この親切心 と 宣伝意欲 に 感服でありんす。


ま、
パッケージフェチなワタシとしては、

実は、
この箱の裏の


ミョ~な   空間  が 、 

とっても 愛おしいので ありんす…♡

100531_2101~0001.jpg



◆バスセンターカレー(万代シティバスセンター)   新潟交通商事㈱ 新潟市中央区
※職業名“食いしん坊”の相棒から頂きました。サンキュウ~。

麻薬モノだと思ふ。

ここ最近、
グぅぃ~んっと、コーヒー好き度が急激にアップしてしまった。

とっても可愛いmaiさんとakiさんのコーヒーのお店。http://blogs.yahoo.co.jp/oregonwagoncoffee

2.jpg


無駄のない商品パッケージ。簡易具合もgood job!

店主の雰囲気も、
店主の仕事の丁寧さも伝わる、素朴なラベルのデザイン♪
…って、思うのは…私の想いが入りすぎてるから?????


私は、特に、French No.6 を、ストレートのまま頂くのが、
とっても大好きであります。

そこいらのコーヒー屋さん、腰抜けるよー、ほんと。
危機感じるよぉー、きっと。
このお二人のこのオレゴンコーヒー知っちゃうと、コワイよーーー。

店主のmaiさんとakiさんは、
幼少期と
おとなになってから、と、合わせて数年、
オレゴン州に暮らしていたことがあったそうです。

すっかり、オレゴンな人になりはったから、
筋金入りのオレゴンなコーヒー店が出来るということなんでしょうね!

やっぱり、伝わるんだよなあ、こういう理念のあるお店。
惹かれマス。大尊敬。ホントに大好き。


6月の1週間少々、オレゴンへ、新商品探しに行ってくるんだそうです。
あたし、ここのコーヒーを数日飲まないままだと、
禁断症状出ますもんですから、
先に、お店のお休みを教えてもらってよかった。
…ということで、
今回、買い置き用の豆も買っておきました♪

ほんとに美味しいんだー!
香りがスゴ~く高い。

しっかりな香りも味も余韻を楽しめるのに、
飲んだ後の、コーヒーの苦みや嫌な後味が残らない。

1.jpg

うみゃ~。 

3.jpg

うまかよ~。

ほんとに、美味しいんざんすよ。
↑引き続き、大野君の怪物くんの影響を受けているざんす。

欲しい方、お声掛けください。
通販してあげます。ほんとにマジで。


◆オレゴンワゴンコーヒーショップmai&aki 大阪市北区西天満

グルト!

言うよねぇ~
005.JPG

グルト!
ヨーグルト?!004.JPG


いやいや、言わない言わないよね。
でも、言いきっちゃう。
こりゃスゴイぜ。


吸うのです。003.JPG
押し上げるのです。

きっと、
いつでも、
どこでも、
どなたでも、召しあがれるために。


すばらしい。

ねええ、このパッケージ、
あの人のデザインじゃない?
008.JPG

だって
なんだか、優しいんだもん。
きっと、そうだろうな。

公開してくれないのかなあ。
会いたいなあ。知りたいなあ。

ルー!
002.JPG

って、

もうこのオトナな遊びに、
私は
イチコロ ざんす。


お味も美味しかったざんす、よ。絶賛よ♪

↑大野君の怪物くんの影響を受けているざんす。
大野くんが扮するって、オシャレぢゃん。



◆はっ酵乳 スプーンいらずのチューブヨーグルト  meiji+yoplait

ロゼット!ロゼット洗顔!

★ロングセラーは、だから、ロングセラーなんだ★
009.JPG

10代か20代の頃のワタシは、桃色のロゼットを使ってました。
数年ぶりに、買った。
ウフフな今は、みずいろロゼットね。


忘れてたけど、
フタをあけて、使うとき、こうやって、ぷにゅ、って出す。

010.JPG

これ、ずっと、このしくみ。
とてもいいんです。これ、これ。

衛生的。便利。

想いだした。結構、私のお気に入りモノだった。
洗顔しても、気持ちよい洗い上がり。ブラぼー~!!!

お風呂上がり、
この空き箱をぐるぐる回しながら見たら、
涙ぐましいメーカーの姿勢を感じてしまった。


箱の表面、すきま、取り扱い説明書、
013.JPG015.JPG014.JPG020.JPG

余白を惜しむように、
説明!説明!説明!そんでもってPR!PR!PR!もしてる。


“やりすぎでしょ?”って、
やらしいツッコミをする私ですが
この商品に限っては、
微笑ましく、
すべての文字に目を通しました。
(ここがパッケージフェチ)


ということで、
ロゼット洗顔パスタ様、

基礎化粧品シリーズもあるんだそうです。
http://suhadabi-system.jp/e/ ほ~。

…まわし者ではありません、ふぁんです…
買ってみなよ、ということなのかなあ。

(ネットで見る限り、気になるデザインぢゃない様子なので心は揺れないです)


◆ロゼット株式会社 東京都品川区 





昆虫_ハチについて

私のパッケージフェチ論、は、
<あるべきものは、あるべき姿で。それが美しい。>
ということを言いたいと思っている。


あるべきところに、あるべきものを。


↓↓同じ考えより↓↓


クロマルハナバチ、というハチが居るらしい。

ハチ不足の日本の農家に、
もともとの日本本州在来種のハチにスポットが当たっているとか。

ただし、このハチは、女王蜂が卵をもってから
半年も睡眠をとってしまうので、
成長まで時間がかかるのだそうです。

そこで、ハチの研究者が、この睡眠時間を短くして、
成長時間を短縮することに成功したらしい。

日本の果物農家は、その『品質改良』されたハチによって、
早く沢山のハチを集めて、
必要な開花時期に
ハチの働きを借りて、
“おいしい果物”を作るんだそう。



正しいんだろうか?
きっと
そのハチは、半年間睡眠をとらないといけない性質の昆虫なのに、
それの生態を変えられてまで、
人間は生きないといけないものなのだろうか…??



とあるサイトより…

北海道と本州の間にはブランキストン線という生物境界線が存在する。
クロマルハナバチは北海道には分布していない。
そのため、クロマルハナバチは北海道では外来種であり、商業的に生産されたクロマルハナバチを北海道に導入すれば、セイヨウオオマルハナバチと同じ生態リスクが生じることになる。


昆虫だって、地産地消。

だれか、
専門家のひと、
もっと大きな声で意見を言わないの?

じゃあ、
素人だけど、
わたしたちが言わなくては。
Calendar
<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8