ニーチェ

気になる本は、装丁も好き。
装丁がいいなぁ~と思った本は、中身も好きになる。

いま、本屋さんの店頭はそんな風に感じるのが沢山ある。



002.JPG


↓↓ NICE! CREATIVE!(ワタシ的)な理由 ↓↓

分厚い本。でも重量は軽い。手触りも何やら優しい。
まさしく、この本と同じ。

「人生を最高に旅せよ!」は、
レジに持っていくのが、ちょっと恥ずかしかった…^^;


“ニーチェ”って難しい(=重い)と思っていた。
でもこの本は読みやすい。(=軽い)。

『超訳』とは、うまいよなぁ♪

深~い内容の本。何回も読みなおしたくなる。


読む前にシビレた一冊。
読みながらまた、シビてきている一冊。


私にストライク。(へんな表現)
私にドンピシャ。(ヘタな言い方)
私にグッド。  (言い足りてない)

とにかく、ベリーナイスな出会い~!!\(^0^)/

…相手(この本)に材料が無いのではなく、
私がこの本で感じたことを表現する<引き出し>が足りないということでもある、
ということですが。

↑そんなようなことが、この本には沢山書いてあって教えてくれる。

感じることを知るチカラ、幸せ。
感じたことを表現するチカラ、幸せ。


脳がビリビリするぅ~。
心はワクワクしてるよぉ~。


005.JPG


『飽きるのは自分の成長が止まっているから』

人間として成長を続けている人は、自分が常に変わるのだから、同じものを
持ち続けても少しも飽きないのだ。

ひゃ~、私のことだーーーごめんなさ~ぁい…。


007.JPG

今晩は、
愛について、読んでみよう。


◆超訳 ニーチェの言葉 フリードリッヒ・ニーチェ 白鳥春彦編訳 
2010年1月第1刷 ㈱ディスカバー21
Calendar
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin